メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直言!

愛知県知事選 外国人の子ども教育 愛知淑徳大准教授・小島祥美さん(45) 多様性前提の施策必要

 愛知県に住む外国人の数は全国2位。ファミリー世帯が多いのが特徴で、日本語指導を必要とする子どもの数は20年以上にわたり全国最多が続いている。

 外国につながりを持つ子どもの日本語教育はかなり充実してきたと思う。しかしそこに特化してしまい、彼らがそもそも持っている力を伸ばす教育に至っていない。母語の喪失で保護者とコミュニケーションがとれず、自信が持てないなどアイデンティティーの問題が出てきている。

 行政はどうしても通訳者の増員に頼りがちだが、通訳を介さず、教科を含めて学校で指導できる教職員などの…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1013文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです