曙ブレーキ、事業再生ADRを申請 金融機関などに支援を要請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自動車用などブレーキ大手の曙ブレーキ工業は30日、私的整理の一種「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」を第三者機関に申請したと発表した。取引金融機関に借入金元本の返済一時停止を求め、昨年末時点で11%超を出資する筆頭株主のトヨタ自動車には増資の引き受けなどを打診した。

 北米事業でブレーキ製品の受注を逃したこ…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文383文字)

あわせて読みたい

注目の特集