「最適な肥料はこれ」肥料会社が作物診断アプリ開発 福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニチリウ永瀬が開発した「アグリドクター」=福岡市博多区で2019年1月30日、久野洋撮影
ニチリウ永瀬が開発した「アグリドクター」=福岡市博多区で2019年1月30日、久野洋撮影

肥料販売会社のニチリウ永瀬(福岡市)は30日、農家がスマートフォンの画面の質問に答えることで野菜の生育不良の原因を分析し、最適な肥料を薦めてくれるアプリを開発したと発表した。どの肥料や農薬をどんなタイミングで使うかはベテラン農家の経験が頼りだったが、これで経験の浅い農家でも選びやすくなる。3月から社員が農家を訪れた際に試験的に利用し、2020年春の実用化を目指す。

 アプリの名称は「アグリドクター」。同社が培ってきた農業指導のノウハウを詰め込み、NECが開発を支援した。まずはキュウリから始める。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集