メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産、世界一に8万台と肉薄も 3社連合「ゴーン後」の戦略見えず

 2018年の自動車大手の世界販売台数は、日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の3社連合が2年連続で2位となり、首位の独フォルクスワーゲン(VW)に肉薄した。カルロス・ゴーン被告の強力なリーダーシップのもとで規模拡大を追求してきた結果だが、電動化や自動化など自動車業界が大きな変革期にある中で、「ゴーン後」の3社連合の戦略はいまだ見えない。

 3社連合は30日、18年の販売台数が前年比1.4%増の1075万台だったと発表した。中国や欧州、南…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1101文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです