メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、北朝鮮非核化に懐疑的 国家情報長官、上院公聴会で

 【ワシントン高本耕太】コーツ米国家情報長官は29日、上院情報特別委員会の公聴会で「北朝鮮指導部は体制維持のために核兵器が不可欠とみている」と述べ、北朝鮮が核開発を完全に放棄する可能性は「考えにくい」と指摘した。2月に予定される2回目の米朝首脳会談を前に、北朝鮮の非核化の意思に疑問を呈した形だ。

 昨年6月の初会談で合意された北朝鮮の非核化について、トランプ米大統領は「報道されていない進展が多くある」などと成果を強調している。コーツ氏は公聴会で、北朝鮮が核・ミサイル実験を1年間実施せず挑発的な行動を自制し、一部核関連施設を廃棄するなど金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「非核化に前向きな姿勢を示している」と認識しつつも、非核化合意と整合しない「いくつかの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  5. 令和初 春の褒章670人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです