メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速の最高速度120キロに引き上げ 新東名と東北道の一部区間

盛岡市の東北道盛岡南インターチェンジ=2011年12月4日、安藤いく子撮影

 警察庁は30日、新東名高速道路と東北自動車道の一部区間で3月1日から、試験的に最高速度を時速120キロに引き上げると発表した。最低でも1年間は続けて、事故の発生や車の走行速度を分析し、他路線でも引き上げを検討する。高速道路が開通した1963年以降、最高速度が120キロとなるのは初めて。

 対象区間は、新東名の新静岡―森掛川インターチェンジ間(約50キロ)、東北道の花巻南―盛岡南インターチェンジ間(約27キロ)のそれぞれ上下線。車道の幅が広くてカーブや勾配が少なく…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです