メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪不足に悩む冬の風物詩「上杉雪灯籠まつり」 山形・米沢

雪不足だった3年前の「上杉雪灯篭まつり」=山形県米沢市丸の内の上杉神社で2016年2月13日17時31分、佐藤良一撮影

 山形県米沢市の冬の風物詩「上杉雪灯篭(どうろう)まつり」が、2月9、10日の開催を前に雪不足に悩んでいる。灯籠(とうろう)は当初予定より51基少ない154基に減らし、本来は雪で作る鎮魂祭の塔は木製に変更。3年ぶりに会場にトラックで雪を搬入して開催する方針だ。東北中央道の福島大笹生―米沢北間が開通して迎える2度目の冬。実行委員長の吉野徹・米沢商工会議所会頭は「福島や北関東などからの観光客が増えている。中止にはできないので、万全の準備で温かく迎え入れたい」と話している。

 気象庁のデータでは、昨年11月1日から今年1月29日までの米沢の累積降雪量は374センチで、平年(…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです