ライチョウ 上野など国内5動物園・博物館で一般公開へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ=環境省提供
国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ=環境省提供

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウを非公開で人工飼育している上野動物園(東京都台東区)など国内五つの動物園・博物館が、3月にもライチョウを一般公開することになった。2004年まで飼育していた大町山岳博物館(長野県大町市)以来15年ぶり。17年に人工ふ化に成功して以来、順調に生息数を増やしていることから公開が決まった。

 5施設は上野、大町のほか▽那須どうぶつ王国(栃木県那須町)▽富山市ファミリーパーク▽いしかわ動物園(石川県能美市)。環境省と共同で15年から人工繁殖の技術開発に取り組んできた。北アルプスの乗鞍岳で採取した卵から成鳥に育てて交配を試み、17年6月には富山でふ化に成功。現在は計29羽を5施設に分散して飼育するが、ライチョウを刺激しないよう非公開としてきた。上野動物園では「一般公開を機に、ライチョウが…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文793文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集