タンデム自転車解禁広がる 2010年5県→18年23府県 目の不自由な人などに向け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛用のタンデム自転車を前に走れる喜びを語る外園さん=鹿児島県肝付町で2018年11月1日午後8時13分、林壮一郎撮影
愛用のタンデム自転車を前に走れる喜びを語る外園さん=鹿児島県肝付町で2018年11月1日午後8時13分、林壮一郎撮影

 目の不自由な人も同乗できる2人用タンデム自転車の公道走行を解禁する動きが広がっている。昨年11月時点で全国23府県が解禁しており、9年前の4倍以上。観光地でのレンタルサービスや、前席でハンドルを握る「先導役」を派遣する業者もあり、普及に向けた動きも加速している。

 自転車を含む軽車両は、都道府県公安委員会が定める道路交通法の施行細則で、運転者以外の乗車は原則禁止されている。2人乗車で公道走行するには都道府県で施行細則を改正する必要があり、2010年時点で走行できるのは長野や兵庫など5県のみだった。

 そんな中、タンデム自転車で障害者を支援する団体の活動などで認知度が高まった。公道走行を解禁する動きが徐々に広がり、昨年11月1日時点で群馬や大阪、福岡など全国23府県で解禁。九州では12年に宮崎県で初めて解禁され、同県内では各地でレンタルサービスがあるなど人気だ。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文944文字)

あわせて読みたい

注目の特集