メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博 交通アクセスに課題 現行計画だけでは深刻な混雑や渋滞も

夢洲アクセス

 2025年大阪・関西万博の会場となる「夢洲(ゆめしま)」(大阪市此花区)を巡っては、交通アクセスの面で課題が指摘されている。大阪市は開催までに地下鉄延伸や周辺の橋の拡幅などを予定しているが、現行計画だけでは深刻な混雑や渋滞を引き起こす恐れもある。また、同じ夢洲で24年の開業を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)が実現すれば、さらなる交通インフラの充実が求められる。【真野敏幸】

 市は、万博の開催期間(25年5月3日~11月3日)中、約2800万人の来場者を想定、1日あたり最大…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方
  5. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです