メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪入場券 最高額は13万円 陸上男子400メートルリレー決勝など

屋根の建設が進む新国立競技場=東京都新宿区で、本社ヘリから和田大典撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、各競技の予選、決勝など区分ごとの一般入場券価格を発表した。最高額の13万円は、陸上競技の男子100メートル決勝や日本のメダル獲得が期待される男子400メートルリレー決勝など人気種目を含む「午後決勝」。調整が難航していたサーフィンは最低価格(2500円)に近い3000円に決まった。

 陸上の一部種目以外に最高額が10万円を超えたのは、競泳やバスケットボール男子の決勝で10万8000円。入場券は座席の位置により最大5種類に分類された。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  3. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです