メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

37年ぶり「ナチチャコパック」 深夜放送よみがえる黄金時代

1982(昭和57)年7月7日の毎日新聞夕刊には「『ラジオ番組続けろ』ありがたーいデモ」の記事が載った

 時を遡(さかのぼ)る切符があれば欲しくなる時がある……と歌ったのは、さだまさしさん。それは無理だけれど、テレビやラジオにはまった若い時代の番組が今視聴できたら、どんなにうれしいことだろう。

 NHKはアーカイブスに力を入れ、民放の懐かしい番組もスカパー!のチャンネルなどで見られることがある。でも、大多数の番組は残っていない。当時はプロ用ビデオテープが高く、放送したら再利用。つまり、消されてしまっていたのだ。なんと、もったいない。

 その点、ラジオは音源が比較的残っている方ではあるけれど、放送する機会がなかなかなかった。

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文1865文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです