連載

アンコール

あの感動の調べをもう一度。注目公演の模様を鑑賞の達人がライブ感たっぷりに再現します。

連載一覧

アンコール

2018年師走の第9コンサートから

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ベートーヴェンは凄(すご)い!全交響曲連続演奏会」で今年も熱演を聴かせた小林研一郎 (C) 山本倫子
「ベートーヴェンは凄(すご)い!全交響曲連続演奏会」で今年も熱演を聴かせた小林研一郎 (C) 山本倫子

 2018年末に行われたベートーヴェンの第9交響曲のコンサートから、3公演をピックアップしてリポートする。 (宮嶋 極)

【マレク・ヤノフスキ指揮 NHK交響楽団】

 NHK交響楽団が2018年の第9公演の指揮者に招いたのは、ポーランド出身でドイツを中心に活躍するマレク・ヤノフスキ。両者は毎年春に開催される東京・春・音楽祭の中心演目「東京春祭ワーグナー・シリーズ」で、2014年から17年までツィクルス上演された「ニーベルングの指環」4部作で共演した。自らの理想を追求するためオーケストラに対して時に厳しい要求をすることでも知られているヤノフスキだが、N響は主催する定期公演や第9公演にも彼を招へいしていることを見ると、この職人気質のマエストロに高い信頼を寄せていることがうかがえる。

 ワーグナー公演の時もそうであったが、演奏は質実剛健。一切の無駄をそぎ落とし構造部分をしっかりと固めた上で、終始高い緊張感を保ちながらきびきびと音楽を進めていく。20世紀末に新たに校訂出版されたベーレンライター版の譜面を使用。第1楽章提示部第2主題のフルートの音程を1オクターブ上げて吹かせ、第4楽章コーダのマエストーソでも20世紀の巨匠たちのようにテンポを落とさず、一気に終結までなだれ込んでいくな…

この記事は有料記事です。

残り3968文字(全文4509文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい