連載

アンコール

あの感動の調べをもう一度。注目公演の模様を鑑賞の達人がライブ感たっぷりに再現します。

連載一覧

アンコール

大野和士×都響 意欲的なプログラミングの定期公演

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
都響の音楽監督として二つの定期でタクトを執った大野和士 (C)堀田力丸
都響の音楽監督として二つの定期でタクトを執った大野和士 (C)堀田力丸

 2019年の幕開けに東京都交響楽団、音楽監督の大野和士が登場する二つの定期公演は、1月10日のサントリーホールがヴァイオリニストのパトリツィア・コパチンスカヤを迎えシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲とブルックナーの交響曲第6番、15日の東京文化会館ではテノール歌手、イアン・ボストリッジによるマーラーの「少年の不思議な角笛」とプロコフィエフの交響曲第6番という、マーラー以外は演奏会で取り上げられる機会が少ない作品が並んだ。チャレンジングなプログラミングから定期会員との信頼関係とオーケストラの矜持(きょうじ)を示した二つの定期公演をリポートする。(毬沙 琳)

 10日に行われた定期演奏会Bシリーズでは前述のとおりシェーンベルクとブルックナーという正月気分が吹き飛ぶようなプログラムにもかかわらず完売となっており、サントリーホールの前には、寒空をものともせず「チケット求む」の紙を手にした熱き心を持つ音楽ファンの姿も。ソリストが強靭(きょうじん)なテクニックと表現力でその存在感を際立たせているコパチンスカヤであることへの期待感と注目度の高さをうかがい知ること…

この記事は有料記事です。

残り2364文字(全文2846文字)

あわせて読みたい