メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(56)1980年ーー波乱の幕開け

1973年ボリショイ・バレエ来日公演でのワシリエフ(左)とマクシモワ。80年の来日は実現しなかった

 新芸術家協会が招請した1980年1~2月のボリショイ・バレエ(モスクワ)来日公演は、前回紹介したような亡命事件はあったものの、公演自体は遂行された。

 実はこの公演をめぐっては、来日前から不穏な空気があったようだ。当初の計画では人気ダンサーのエカテリーナ・マクシモワ、ウラジミル・ワシリエフ夫妻を中心とした「この魅惑のひびき」といった演目が目玉になるはずだったが、結局2人は「悪性の風邪」を理由に来日しなかった。

 真相は不明だが、来日にあたって団員5人に日本への出国許可が出ず、ワシリエフはこの5人が抜けるなら自分も日本に行かない、と主張したという報道もある(朝日新聞79年11月24日付夕刊)。

この記事は有料記事です。

残り2273文字(全文2571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです