メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

トドメの元気弾!W杯ベルギー戦の反省糧にして終盤猛ダッシュ(スポニチ)

アジア杯準決勝 日本3-0イラン(2019年1月28日 UAE・アルアイン)

 2-0から追加した、原口の3点目。この1点に、ベスト8を前に敗れたW杯ロシア大会ベルギー戦からの成長が詰まっていた。「あまり攻撃に関われていなかったので、最後1本くらいはリスクを冒して、と思ったらうまくいった」。後半アディショナルタイム、原口は南野からパスを受けると、迷いなく直進した。試合終盤とは思えないスプリントから、利き足とは逆の左足でイランのゴールにとどめをさした。

     7カ月前のベルギー戦は、2-0から追いつかれた。リードしてからの試合運びに迷いがあり、最後のCKから速攻を食らい、逆転負けを喫した。だが、この日は2-0となっても前線からプレスをかけ、前がかりに攻め続けた。守りに入らなかった。原口は「時間がたつにつれて自分たちにどんどん余裕ができていって逆に向こうがどんどん追い込まれていった。心理的に上に立てていたので、全て上回れた」と振り返る。ロストフの悲劇を教訓に、日本代表が前進した証だった。

     【データ】アジア杯準決勝イラン戦は日本代表の国際Aマッチ通算700試合目。1923年の第1戦からの区切り試合を見ると4勝2分け2敗。500試合以降は3連勝。通算成績は334勝150分け216敗(PK戦は引き分け扱い)。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
    2. 米子東の選手がベンチ入りせず
    3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
    4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
    5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです