メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

東北、イノシシ警報 農作物被害増加 絶滅後「楽天地」に、続々北上

2015年2月に秋田県由利本荘市で目撃されたイノシシ=秋田県生活環境部自然保護課提供

 イノシシが東北地方で生息域を広げている。「絶滅」と判断されてきた北東北でも目撃件数が増え、農作物被害も出ている。イノシシ対策はこれまで、被害が多かった西日本で重点的に実施されてきたが、専門家は「このままでは東日本でも甚大な被害が出かねない」と警告する。亥(い)年(どし)の年頭、「イノシシの北上」を考えた。

 「我々にとってはまったく新しい動物で専門家もいない。今のうちに対策をしなければ被害が大きくなってし…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです