メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

保育士不足に奇策 USJ年間パス/帰省費を補助

 大阪市は、不足する保育士の確保につなげようと、大阪府外の養成施設卒業者が市内の民間保育所に就職した場合、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の年間パス購入費や帰省費の相当額を補助する“奇策”を導入する。全国的に保育士不足が問題になっている中で、新年度予算案に「保育士ウェルカム事業」として、総額2800万円を計上する方針だが、効果は未知数だ。

 吉村洋文市長は、狙いを「給料で補填(ほてん)するには限界があり、歓迎の気持ちを示すことが重要だ」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 外為 東京=10時 1ドル=106円86~87銭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです