メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若村麻由美

「ル・ペール 父」で介護する娘役 認知症の脳内を旅して

「Le Pere 父」に出演する若村麻由美=大阪市北区で、関雄輔撮影

 認知症の父親と、その介護に戸惑う娘。2012年にパリで初演され、世界的に高い評価を集めたフロリアン・ゼレールの戯曲「Le P〓re(ル・ペール) 父」が2~3月、東京、兵庫などで上演される。娘のアンヌを演じる若村麻由美は「誰にとっても身近なテーマで、今を生きる人間へのまなざしが感じられる作品」と語る。

 80歳のアンドレ(橋爪功)が1人で暮らすアパルトマンに、看護師からの連絡を受けてアンヌが駆けつける…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文979文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです