メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台

上方落語の祖・米沢彦八の生涯 「天下一の軽口男」 鶴瓶の息子・駿河太郎主演 あすから大阪松竹座で

「天下一の軽口男」に出演する駿河太郎(前列右から2人目)ら=大阪市天王寺区の生國魂神社で、関雄輔撮影

 上方落語の祖、米沢彦八の生涯を描いた木下昌輝の小説「天下一の軽口男」が舞台化され、2月1~17日、大阪松竹座(大阪市中央区)で上演される。

 彦八は江戸時代中期、生國魂(いくくにたま)神社の境内で辻噺(つじばなし)を披露し、現在の落語の原形を作ったとされる人物。辻噺で笑いを取る彦八(駿河太郎)と、興行師のまねごとをする豪商の娘・里乃(田中美里)、江戸落語の祖となる漆塗屋の息子・鹿野武左衛門(室龍太)、絵師を志す千佳(谷村美月)らの姿を通じて、落語の誕生と発展が人…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです