メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 垂れ下がる枝、張り出した根、奇妙な鳴き声。不似合いな真っ白いシャツの制服の一団が密林を進む。この日のために洗い上げたのかと思うと、頬が緩んだ。

 中米グアテマラ。密林にマヤ遺跡が残るティカル国立公園。数年前、金沢大の中村誠一教授(60)が住民を巻き込むプロジェクトを始めると聞き、現地に飛んだ。

 柱の一つは近隣の児童生徒を招く見学ツアー。参加した少年らのほとんどが「初体…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです