特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

チェック

移転・九大、どうなる宝 三大鉱物標本や古人骨など145万点 宙に浮く保管先

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 昨年秋に福岡市西区の伊都キャンパスへの移転が完了した九州大で、箱崎キャンパス(同市東区)内にある九大総合研究博物館が所蔵している約145万点に及ぶ標本や資料などの新たな保管先が見つかっていない。伊都キャンパス内の博物館新設計画が頓挫しているためで、散逸や劣化を懸念する学会や住民らが適正保全を求めている。

 創立100年余りの歴史を誇る九大が所蔵する標本や資料は、動物▽昆虫▽植物▽化石▽鉱物▽古人骨--など約750万点。このうち各学部や大学院などが所有する600万点余りは移転に伴い伊都キャンパスの各研究院などに移された。しかし、博物館が所蔵する約145万点が行き場を失い、その大半は同館に残ったままだ。当初は伊都キャンパス内に新設される博物館に移す計画があったが費用面から進んでいない。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文896文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集