メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災8年・とうほくの今

大槌・旧庁舎解体訴訟 「町民の分断避けたい」 住民が控訴断念 /岩手

 「これ以上、町民の分断を避けたい」。大槌町の旧役場庁舎の解体工事差し止めなどを求めた住民訴訟で、請求を退けた17日の盛岡地裁判決を受け30日、控訴断念を明らかにした住民団体「おおづちの未来と命を考える会」代表で曹洞宗吉祥寺住職の高橋英悟さん(46)は、苦渋の思いを話した。【中尾卓英】

 解体工事を巡っては2017年12月、平野公三町長が「目にすることは耐え難いという方々の気持ちに寄り添う」と昨年3月議会に解体予算(新年度補正予算)を提案すると表明。高橋さんらは「多数の職員が亡くなった(旧庁舎前の)町災害対策本部設置の検証が終わっていない」「二度と犠牲を繰り返さないため、津波被害が一目で分かる旧庁舎を保存すべきだ」などとして昨年2月、住民団体を設立。平野町長や町議全員に「熟慮」を求めた。

 しかし、解体予算は昨年3月議会で賛否同数の議長裁定で成立。高橋さんや職員遺族には、住民監査請求(昨…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです