メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

県内相談最多5件 全国ホットライン実施 /宮城

 障害者らへ不妊手術を強制していた旧優生保護法の問題を巡り、全国優生保護法被害弁護団は30日、全国37カ所で電話相談を受け付ける「全国一斉ホットライン」を実施した。各地からの報告を取りまとめる仙台弁護団によると、この日は全国で計10件(午後5時40分現在)の電話があり、うち不妊手術や中絶に関する本人や親族らからの相談は8件だった。

 宮城県では全国で最多の5件の電話があった。うち3件が旧法関係で「すでに亡くなった妹が15歳のときに…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文472文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです