メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から/10止 本当の自分、楽しんで 「ひとり」も「みんな」も大切 作家・若竹千佐子さん

 平成の日本では、高齢化が急速に進み、老老介護や孤独死といった言葉が根付いた。「老い」について暗いニュースが飛び交う中、夫に先立たれた74歳の女性の心情を描いた小説「おらおらでひとりいぐも」(河出書房新社)が昨年、50万部を超えるベストセラーになった。「人生100年時代ですから、まだまだ高みを目指します」。デビュー作で芥川賞を受けた若竹千佐子さん(64)は昨年2月の贈呈式でこう語った。若竹さんにとって、新たな時代の「老い」とは。【藤井朋子】

 --若竹さんが出席したシンポジウムや、故郷・岩手県遠野市の市民栄誉賞の表彰式などでは、会場に同書の…

この記事は有料記事です。

残り1447文字(全文1719文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです