メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8年目の再出発

南相馬市・仮設住宅終了/中 県外に引っ越す、松本英子さん(80) 「大丈夫」前へ進む /福島

夫亡くし、仲間とも離れ

 顔から手までおしろいを塗った着物姿の女性が、扇子を手に舞っている。「扇子落としたらどうすっぺ、って緊張するの」。南相馬市原町区牛越仮設住宅の部屋のこたつで、松本英子さん(80)は日本舞踊の舞台に立ったときの写真を見せてくれた。1人暮らしだが、孫たちがいつでも泊まりに来られるよう4畳半3間の部屋に住む。3月、茨城県日立市の長男夫婦と孫が住む家に引っ越す。不要な持ち物は少しずつ片付け始めた。

 南相馬市小高区の自宅近くにあった日本舞踊の教室に通い始めたのは2001年ごろだ。舞踊を通じて仲間が増え、デイサービス施設などを慰問した。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです