メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8年目の再出発

南相馬市・仮設住宅終了/中 県外に引っ越す、松本英子さん(80) 「大丈夫」前へ進む /福島

夫亡くし、仲間とも離れ

 顔から手までおしろいを塗った着物姿の女性が、扇子を手に舞っている。「扇子落としたらどうすっぺ、って緊張するの」。南相馬市原町区牛越仮設住宅の部屋のこたつで、松本英子さん(80)は日本舞踊の舞台に立ったときの写真を見せてくれた。1人暮らしだが、孫たちがいつでも泊まりに来られるよう4畳半3間の部屋に住む。3月、茨城県日立市の長男夫婦と孫が住む家に引っ越す。不要な持ち物は少しずつ片付け始めた。

 南相馬市小高区の自宅近くにあった日本舞踊の教室に通い始めたのは2001年ごろだ。舞踊を通じて仲間が増え、デイサービス施設などを慰問した。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです