メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
8年目の再出発

南相馬市・仮設住宅終了/中 県外に引っ越す、松本英子さん(80) 「大丈夫」前へ進む /福島

夫亡くし、仲間とも離れ

 顔から手までおしろいを塗った着物姿の女性が、扇子を手に舞っている。「扇子落としたらどうすっぺ、って緊張するの」。南相馬市原町区牛越仮設住宅の部屋のこたつで、松本英子さん(80)は日本舞踊の舞台に立ったときの写真を見せてくれた。1人暮らしだが、孫たちがいつでも泊まりに来られるよう4畳半3間の部屋に住む。3月、茨城県日立市の長男夫婦と孫が住む家に引っ越す。不要な持ち物は少しずつ片付け始めた。

 南相馬市小高区の自宅近くにあった日本舞踊の教室に通い始めたのは2001年ごろだ。舞踊を通じて仲間が…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1153文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 高梨沙羅がGP総合8連覇 ジャンプ女子

  5. 皇室 侍従記録「戦争責任言われつらい」 晩年の昭和天皇吐露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです