メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「あの日のオルガン」 元疎開園児も鑑賞 蓮田で試写会 /埼玉

 第二次大戦中に空襲から逃れるため、東京の保育園児と若い保母らが蓮田市の廃寺に集団疎開した様子を描いた映画「あの日のオルガン」の特別先行試写会が30日、市内で開かれた。製作を支援した「市民の会」ら関係者約600人が鑑賞した。

 映画は同市高虫(旧平野村)の妙楽寺に疎開し「疎開保育園」を開設した保母と園児ら64人が、さまざまな困難に遭いながらも力強く生きる様子が描かれている。

 試写会には、平松恵美子監督や疎開した園児だった田辺健之(けんじ)さん(78)=横浜市在住=らがゲス…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文512文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです