特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-佐藤康光九段 第32局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

強気の飛車回り

 稲葉は図で[先]8九飛と回った。単に[先]8六同歩[後]同飛[先]8七歩は受け身になる。強気に応じた。

 佐藤は「回られると思っていなかった。びっくりしましたね」。

 棋士室には糸谷哲郎八段が姿を見せ検討に加わった。[先]8七金には[後]同飛成と取る手もある、と検討陣。以下[先]同飛[後]8六金[先]8九飛[後]7七金[先]8一飛成[後]6五桂と攻めていく狙いで、後手の手が続きそうとのこと。

 ただ佐藤は飛車を切る手は「全然考えていなかった」。変化順の[後]6五桂以下[先]6六角[後]5五歩[先]1五歩[後]5四桂で次に[先]1四歩でも[先]5五角でも自信がないという。「こっち(端攻め)も早いですもんね。どうやられてもよくわからない」。元々じっくりした将棋になると思っており、飛を切って激しく攻める順は頭になかったようだ。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文777文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集