メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

被害者救済へ弁護団 「相談窓口知って」と呼びかけ /石川

弁護団の事務局を務める樋詰哲朗弁護士=金沢市で、岩壁峻撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術や人工妊娠中絶が強制された問題で、金沢弁護士会所属の弁護士2人が昨年末に弁護団を結成し、被害者の相談に乗る態勢を整えている。問題を巡っては全国各地で国に損害賠償を求める訴訟が起こされているが、県内では被害の実態把握が進んでいない。事務局の樋詰(ひづめ)哲朗弁護士(あさひ法律事務所)は「まずは相談窓口があることを知ってほしい」と話す。【岩壁峻】

 金沢弁護士会は30日に無料の電話相談を実施したが、この日の問い合わせはゼロ。樋詰弁護士は「そもそも…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文919文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  5. NHK集金人に消火器噴射 ベトナム人実習生逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです