メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

被害者救済へ弁護団 「相談窓口知って」と呼びかけ /石川

弁護団の事務局を務める樋詰哲朗弁護士=金沢市で、岩壁峻撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術や人工妊娠中絶が強制された問題で、金沢弁護士会所属の弁護士2人が昨年末に弁護団を結成し、被害者の相談に乗る態勢を整えている。問題を巡っては全国各地で国に損害賠償を求める訴訟が起こされているが、県内では被害の実態把握が進んでいない。事務局の樋詰(ひづめ)哲朗弁護士(あさひ法律事務所)は「まずは相談窓口があることを知ってほしい」と話す。【岩壁峻】

 金沢弁護士会は30日に無料の電話相談を実施したが、この日の問い合わせはゼロ。樋詰弁護士は「そもそも…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです