連載

ようこそ道の駅

毎日新聞デジタルの「ようこそ道の駅」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ようこそ道の駅

店内から大阪湾が望める みさき 大阪府岬町

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
(左)ヒラメやイカなど地元の漁港で水揚げされた鮮魚、(右)試食で選べるミカン=大阪府岬町淡輪の道の駅「みさき」の「産直市場よってって」で、前本麻有撮影
(左)ヒラメやイカなど地元の漁港で水揚げされた鮮魚、(右)試食で選べるミカン=大阪府岬町淡輪の道の駅「みさき」の「産直市場よってって」で、前本麻有撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 大阪府最南端の岬町にある「道の駅みさき」は2017年4月にオープン。「夢灯台」と名付けられるだけあって店内からは大阪湾が望める。「産直市場よってって」の目玉商品は近隣の4漁港(小島、谷川、深日、淡輪(たんのわ))で水揚げされた鮮魚だ。取材当日、鮮魚担当の井上則雄さん(46)は「前日まで海がしけてたから、種類は少ないかも」と話すも、大きなヒラメやモンゴウイカ、タチウオ、ウマヅラハギ、スズキ、ナマコ……と鮮魚がずらり。この時期、おすすめはヒラメの刺し身。皮引きの下処理は無料でしてくれる。

 売り場を鮮やかに彩るのはミカンの数々。和歌山県境とあって味が濃い「麗紅(れいこう)」や「せとか」など種類も豊富。同じ品種でも生産者によって甘みや酸味が違うため、試食が充実している。1袋200円台からあり、谷口析郎駅長(56)は「試食で楽しみながらお好きなミカンを見つけてほしい。食べやすいので観光のお供にも」と話す。他にも大阪のブランド豚「犬鳴豚」など精肉の販売もあり、加工品担当の池田晶那さん(2…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文702文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集