メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

島根 島根県・隠岐諸島 絶景満喫ジオパーク 流刑天皇、上皇しのぶ跡 /中国

国賀海岸の通天橋=島根県西ノ島町で、柴崎達矢撮影

 日本海に浮かぶ隠岐諸島(島根県)は2009年に日本ジオパーク、13年には世界ジオパークに認定されている。後鳥羽上皇や後醍醐天皇が流され、明治維新前後には島民による自治政府が樹立された隠岐騒動の歴史もあり、レンタカーなどで各島を回れば雄大な景色や文化遺産に触れられる。【柴崎達矢】

 ジオパークは「大地の公園」の意味で、地球のプレート活動や火山活動で造られた大地や生態系と人間の歴史や文化などとのつながりを知ることのできる場所とされる。隠岐諸島は大きく西の島前(どうぜん)と東の島後(どうご)に分かれ、島後(隠岐の島町)は諸島の面積・人口の多くを占める。その中心が西郷港とその周辺で、ホテルや料理店などが集まる。

 島前は西ノ島(西ノ島町)、中ノ島(海士(あま)町)、知夫里(ちぶり)島(知夫(ちぶ)村)が円を描く…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです