毎月勤労統計

不正調査 首相報告、先月28日 厚労相より8日遅れ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党代表質問が30日、衆院本会議で始まった。首相は厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正調査問題について、昨年12月28日に秘書官を通じて最初の報告を受けたことを明らかにした上で「その際、しっかりと事案を精査するよう指示した」と述べた。菅義偉官房長官も12月28日に最初の報告を受けたと説明した。

 根本匠厚労相は12月20日に報告を受けたと説明しており、首相らが問題を認知するまで8日間の「空白」があったことになる。野党は来週の衆院予算委員会などでさらに追及する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文787文字)

あわせて読みたい

注目の特集