自動車世界販売台数

日産連合2位 18年1075万台 首位VWと小差

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 自動車大手が30日までに発表した2018年の世界販売台数は、カルロス・ゴーン被告の事件で揺れる日産自動車と仏自動車大手ルノー、三菱自動車の3社連合が前年比1・4%増の1075万6854台と前年に続いて2位となり、わずかな差で首位に届かなかった。独フォルクスワーゲン(VW)が0・9%増の1083万4000台と3年連続で首位を守った。トヨタ自動車(ダイハツ工業、日野自動車を含む)が3位で、上位3グループの顔ぶれは前年と同じだった。

 世界販売台数は3グループとも過去最高を記録し、「1000万台クラブ」の座を不動にした。前年960万台で4位だった米ゼネラル・モーターズ(GM)は2月上旬に18年の販売実績を公表するが、トヨタには及ばないとみられる。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文699文字)

あわせて読みたい

ニュース特集