メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ソロス氏の危機感=坂東賢治

 <moku-go>

 世界有数の富豪で社会活動家でもあるジョージ・ソロス氏は中国とも浅からぬ因縁がある。1980年代後半、改革派を支援し、米中央情報局(CIA)のスパイと疑われたことがあるのだ。

 89年6月の天安門事件で失脚した趙紫陽元総書記の側近を通じて支援したため、趙氏とソロス氏との関係を追及する声が高まった。ソロス氏は支援を停止し、CIAとの関係を否定する親書を最高指導者のトウ小平氏に送った。

 一方、習近平国家主席が2013年にボアオ・アジアフォーラムに出席したソロス氏との会見に応じたため、…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです