メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ゴーン事件の教訓

 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が会社法違反(特別背任)などで逮捕・起訴された事件では、不正の背景となった超ワンマン経営ぶりも明らかになり、日本のコーポレートガバナンス(企業統治)や経営者の報酬制度のあり方が厳しく問われることになった。ゴーン事件から導き出される教訓を識者に聞いた。

制裁金含めた法整備を 上村達男 早稲田大法学部教授

 ゴーン前会長の特別背任事件を、日産自動車固有の問題と考えるのは誤りだ。日本では、企業内で起きた違法…

この記事は有料記事です。

残り4268文字(全文4486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです