メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ゴーン事件の教訓

 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が会社法違反(特別背任)などで逮捕・起訴された事件では、不正の背景となった超ワンマン経営ぶりも明らかになり、日本のコーポレートガバナンス(企業統治)や経営者の報酬制度のあり方が厳しく問われることになった。ゴーン事件から導き出される教訓を識者に聞いた。

制裁金含めた法整備を 上村達男 早稲田大法学部教授

 ゴーン前会長の特別背任事件を、日産自動車固有の問題と考えるのは誤りだ。日本では、企業内で起きた違法…

この記事は有料記事です。

残り4268文字(全文4486文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです