メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま 番外編 識者インタビュー 小林喜光 経済同友会代表幹事/山口栄一 京都大教授

=宮本明登撮影

 連載第3部では、日本企業の研究力をテーマに、優れたシーズ(種)を生かせずイノベーションにつなげられない問題を取り上げた。ともに企業の研究者出身で、従来の基礎研究からの転換を訴える小林喜光・経済同友会代表幹事(72)と、研究体制の縮小が業績悪化を招いたと指摘する山口栄一・京都大教授(64)に聞いた。

ノーベル賞追求は不要 小林喜光 経済同友会代表幹事

 --日本企業は長期的な研究ができなくなっているという指摘があります。

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2376文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです