メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま 番外編 識者インタビュー 小林喜光 経済同友会代表幹事/山口栄一 京都大教授

=宮本明登撮影

 連載第3部では、日本企業の研究力をテーマに、優れたシーズ(種)を生かせずイノベーションにつなげられない問題を取り上げた。ともに企業の研究者出身で、従来の基礎研究からの転換を訴える小林喜光・経済同友会代表幹事(72)と、研究体制の縮小が業績悪化を招いたと指摘する山口栄一・京都大教授(64)に聞いた。

ノーベル賞追求は不要 小林喜光 経済同友会代表幹事

 --日本企業は長期的な研究ができなくなっているという指摘があります。

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです