メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま 番外編 識者インタビュー 小林喜光 経済同友会代表幹事/山口栄一 京都大教授

=宮本明登撮影

 連載第3部では、日本企業の研究力をテーマに、優れたシーズ(種)を生かせずイノベーションにつなげられない問題を取り上げた。ともに企業の研究者出身で、従来の基礎研究からの転換を訴える小林喜光・経済同友会代表幹事(72)と、研究体制の縮小が業績悪化を招いたと指摘する山口栄一・京都大教授(64)に聞いた。

ノーベル賞追求は不要 小林喜光 経済同友会代表幹事

 --日本企業は長期的な研究ができなくなっているという指摘があります。

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2376文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです