メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊ラグビーW杯

桜の羅針盤 10番で先発、自分の強みを サンウルブズSO 松田力也(24)=パナソニック

サンウルブズのSO松田力也=大谷津統一撮影

 <開幕まであと232日>

 日本代表のSO松田力也(24)=パナソニック=は、サンウルブズで3年目のシーズンを迎える。ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、成長とアピールの場となるスーパーラグビーに臨む思いを聞いた。【構成・大谷津統一】

 プレシーズンからサンウルブズで過ごすのは今季が初めてです。2017、18年は途中からチームに招集されました。外国人選手が多く、コミュニケーションに苦労することはありますが、充実しています。自分が成長できる機会だと前向きに捉えています。

 スーパーラグビーは世界最高峰のリーグです。プレーには余裕がありません。判断の速さもスキル(技術)も、「これくらいでいけるだろう」というものが、通用しません。その経験は絶対にW杯でも生きます。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです