メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年大阪・関西万博

交通混雑の懸念 来場予想2800万人 輸送計画検討本格化

 2025年大阪・関西万博の会場となる「夢洲(ゆめしま)」(大阪市此花区)を巡っては、交通アクセスの面で課題が指摘されている。大阪市は開催までに地下鉄延伸や周辺の橋の拡幅などを予定しているが、現行計画だけでは深刻な混雑や渋滞を引き起こす恐れもある。また、同じ夢洲で24年の開業を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)が実現すれば、さらなる交通インフラの充実が求められる。

 市は、万博の開催期間(25年5月3日~11月3日)中、約2800万人の来場者を想定、1日あたり最大…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです