メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難指示時、まだ3割自宅に 倉敷・真備の住民アンケート

 岡山県倉敷市は30日、昨年7月の西日本豪雨で甚大な浸水被害が出た真備(まび)町地区の住民を対象にした避難行動アンケートの結果を公表した。避難した人のうち、避難指示が発令された時間帯でも約3割が避難を始めておらず、市は「ぎりぎりまで自宅にとどまろうとする傾向が裏付けられた」としている。

 アンケートは昨年12月、豪雨時の地区住…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「波に乗れた」西部ガス、芽生えた自信 村田1失点完投 鷺宮製作所に競り勝つ 都市対抗

  3. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです