メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

函館の老舗デパート「棒二森屋」150年の歴史に幕 買い物客「ボーニ」に別れ

 北海道函館市のJR函館駅前にある老舗百貨店「棒二森屋」が31日、閉店。百貨店開業から82年、前身の洋物店からでは150年の歴史に終止符を打った。別館のアネックス館は、テナントビルとして今後3年程度営業を続け、その後、本館跡地とともに高層マンションや商業棟、ホテルなどの複合施設となる見通し。

 棒二森屋は1869(明治2)年に開業した「金森森屋洋物店」と、82年開業の「棒二荻野呉服店」が1936年に合併して誕生。翌37年、現在地に開店した。市内だけでなく道南地域、青森県からも客が訪れ、函館の隆盛とともに歴史を重ねた。

 しかし地域の人口減少や郊外大型店との競合などで業績不振に。ピークの92年度に約210億円あった売り…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです