日欧EPAでワイン、チーズ割安 消費者に恩恵

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日欧EPA発効で変わる主な関税
日欧EPA発効で変わる主な関税

 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が1日発効したことで、日本で人気の欧州産ワインやチーズなどの関税が撤廃・削減され、価格の低下が見込まれることから消費者の利益になりそうだ。一方で、輸入の拡大で競争にさらされるワイン生産者や酪農家からは不安の声が出ているが、欧州向けの農産品輸出の拡大を目指す動きもある。

この記事は有料記事です。

残り1981文字(全文2140文字)

あわせて読みたい

注目の特集