メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPAでワイン、チーズ割安 消費者に恩恵

日欧EPA発効で変わる主な関税

 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が1日発効したことで、日本で人気の欧州産ワインやチーズなどの関税が撤廃・削減され、価格の低下が見込まれることから消費者の利益になりそうだ。一方で、輸入の拡大で競争にさらされるワイン生産者や酪農家からは不安の声が出ているが、欧州向けの農産品輸出の拡大を目指す動きもある。

この記事は有料記事です。

残り1981文字(全文2140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです