メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルノー新会長スナール氏は手ごわい「交渉のプロ」

 【パリ賀有勇】仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール新会長(65)は、柔らかな物腰で巧みに労働者との衝突を避けつつ、工場閉鎖などのリストラ策を実現する、したたかな経営者として知られる。

 エジプトなどで大使を務めた外交官の父のもとで育ち、エリート養成校、高等商業学校(HEC)で学んだ。石油大手トタルなどを経て、2005年に財務担当責任者としてタイヤ大手ミシュランに招き入れられ、12年に創業家一族以外では初の最高経営責任者(CEO)に就任した。

 カルロス・ゴーン被告がコストカッターとして労組と対立したのとは対照的に、工場を閉鎖しながらも従…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです