中国でペットブーム過熱 日本企業が熱視線

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高価格の犬や猫が並ぶ中国のペットショップ。売り場には日本メーカーのペットグッズも多い=北京市内で、赤間清広撮影
高価格の犬や猫が並ぶ中国のペットショップ。売り場には日本メーカーのペットグッズも多い=北京市内で、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】中国がペットブームに沸いている。市民の所得向上に加え、2015年まで続いた「一人っ子政策」の影響で兄弟・姉妹がいない我が子に友達代わりにペットを贈るケースも多いという。市場規模は1700億元(約2・8兆円)を超え、日本企業にとっても大きな商機となっている。

 北京を代表する繁華街・三里屯。ブランドショップなどが乱立する若者街で最近、ペットショップのオープンが相次いでいる。

 オープンしたばかりという1店を訪ねると、店内には血統書付きの子犬や子猫がずらり。ペット専門の美容院も併設しており、この日も小型犬がトリミングの真っ最中だった。トリミング料は小型犬で約300元(約4900円)、大型犬は約900元もするが、店員は「ペットを可愛がっている人は、あまり料金にこだわりません」。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1022文字)

あわせて読みたい

注目の特集