メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中距離核戦力全廃条約巡り 広島・長崎の市長が米露首脳に要請文

原爆ドーム=山田尚弘撮影

 米国が破棄の方針を示したロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約を巡り、長崎市の田上富久市長と広島市の松井一実市長は30日、トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領に「対話と努力を重ね、確固たる信頼関係を築くことを願う」などとする要請文を送付した。

 2市長は、核兵器のない世界を目指して各国都市が連…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです