大阪湾にイルカの群れ 約30頭、海上保安庁が撮影

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市住之江区の大阪南港沖の大阪湾で31日、海上保安庁の巡視艇が約30頭のイルカの群れを発見し、撮影した画像を公開した。

 大阪海上保安監部によると、同日午前9時ごろ、巡視艇「みおかぜ」が南港から約1キロの沖合をパトロール中、水しぶきをあげて泳ぐイルカの群れを発見。海面を跳びはねながら北に向かって移…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

あわせて読みたい

注目の特集