メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪湾にイルカの群れ 約30頭、海上保安庁が撮影

大阪湾を泳ぐイルカの群れ=大阪・南港沖1キロ付近で2019年1月31日午前9時ごろ、大阪海上保安監部提供

 大阪市住之江区の大阪南港沖の大阪湾で31日、海上保安庁の巡視艇が約30頭のイルカの群れを発見し、撮影した画像を公開した。

 大阪海上保安監部によると、同日午前9時ごろ、巡視艇「みおかぜ」が南港から約1キロの沖合をパトロール中、水しぶきをあげて泳ぐイルカの群れを発見。海面を跳びはねながら北に向かって移動していたという。同保安監部の板谷修二渉外官(62)は「これまで南港周辺でイルカの群れに遭遇したのは記憶にない」としている。大阪市の水族館「海遊館」の広報担当は「昨年から数件、大阪湾でのイルカの目撃情報が寄せられているが、群れで見つかるのは珍しい」と話している。【竹田迅岐】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです