名古屋刑務所で300人インフルエンザ感染 「経験ない勢いで広がる」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋刑務所
名古屋刑務所

 名古屋刑務所(愛知県みよし市)でインフルエンザが流行し、受刑者205人と職員95人の計300人が発症した。記録の残る2015年度以降、最多という。同刑務所は刑務作業を取りやめるなど対応に追われている。

 同刑務所によると、昨年12月20日ごろから受刑者に感染者が出始め、1月30日までに受刑者の12%に当たる205人がインフルエンザと診断された。現在も100人に…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

あわせて読みたい

注目の特集