福島沖の魚 基準超えセシウムを検出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福島県漁業協同組合連合会(県漁連)は31日、同県広野町沖の試験操業で漁獲したコモンカスベから、国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える161ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国に報告し、安全が確認できるまでコモンカスベの出荷を全面的に自粛する。福島沖で取れた魚が基準値を超えたの…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

あわせて読みたい

注目の特集