メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

 山口県警下関署の女性巡査が風俗店でアルバイト勤務をし、報酬を得ていたとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが明らかになった。処分は昨年12月18日付で、巡査は同日依願退職した。

 県警監察官室は、巡査について「20歳代以下」と説明。昨年9~11月、福岡県内でアルバイトとして働き、約8万円の報酬を得たという。捜査関係者によると、勤務先は風俗店だった。昨年11月、県警に情報提供があり、内部調査に対して巡査が「生活費の足しにしたかった」と認めたため、兼業を禁じる地方公務員法に基づき処分した。

 県警は、私的行為の場合、公表基準を「停職以上」とする警察庁の指針を理由に処分を発表していなかった。監察官室は「再発防止に向け、指導を徹底したい」と話した。【佐藤緑平、平塚裕介】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです