メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心愛さんを誰かが救うことはできなかったのか  千葉・女児虐待死 上

現場となったアパートを捜索するため集まった千葉県警の捜査員たち=千葉県野田市山崎で2019年1月26日、信田真由美撮影

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が1月24日に自宅で死亡しているのが見つかり、翌25日に父勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された。勇一郎容疑者による虐待のリスクは度々問題となっていたが、児童相談所、市、学校の情報共有や対応は十分とは言えなかった。沖縄から千葉への転居、転居後の小学校転校によって何が見落とされたのか。関係者の証言をもとに検証する。【斎藤文太郎、町野幸、信田真由美、加藤昌平、橋本利昭、橋口正】

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1545文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです