メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心愛さんを誰かが救うことはできなかったのか  千葉・女児虐待死 上

現場となったアパートを捜索するため集まった千葉県警の捜査員たち=千葉県野田市山崎で2019年1月26日、信田真由美撮影

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が1月24日に自宅で死亡しているのが見つかり、翌25日に父勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された。勇一郎容疑者による虐待のリスクは度々問題となっていたが、児童相談所、市、学校の情報共有や対応は十分とは言えなかった。沖縄から千葉への転居、転居後の小学校転校によって何が見落とされたのか。関係者の証言をもとに検証する。【斎藤文太郎、町野幸、信田真由美、加藤昌平、橋本利昭、橋口正】

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです